このページの先頭です

年齢を重ねることで表れる様々な肌トラブルはしっかりとケアをしないと見た目年齢を引き上げてしまう

いつまでも若々しい肌でいるために、どのような肌ケアをしていますか。

高価な美容液を使ったり、天然のコラーゲンパックをしたりという方もいるでしょう。でも、その肌ケアはほんとうに合っているのでしょうか。年齢を感じさせないための肌ケアには、肌への負担を減らし乾燥を防ぐことが何よりも大切です。

普通のスキンケアでは、基礎化粧品のほかに美容液やクリームも使いますので、肌に触れる回数が増えるぶん肌に負担を与えてしまいます。その点、ひとつの化粧品でいくつもの役割を果たすオールインワンゲルは塗るのが1回で済みますから、肌への刺激を格段に減らす効果が期待できます。

また、美容成分や保湿成分が配合されたオールインワンゲルも多数販売されています。肌が乾燥しやすい方、年齢とともにシミやシワに悩まされている方、美白に興味のある方それぞれに合ったオールインワンゲルを見つけて、年齢を感じさせない肌ケアを心がけましょう。

年齢を感じる肌とは?

そもそも、肌に年齢を感じる要因とはなんでしょう?
もともとの肌質やその人自身の持っている雰囲気による影響も大きいと思いますが、ここでは年齢を感じる肌をおおまかに4つに分けてみました。

シミのある肌

シミはメラニン色素が角質層に残存・沈着して発生しますが、メラニンそのものはけして悪者ではありません。
なぜなら、メラニンは肌がダメージ(紫外線や摩擦、ストレスなど)を受けた際に発生する活性酸素という有害物質から肌を守るためにつくられるから。
そして、通常であれば古い角質細胞といっしょに徐々に肌表面に押し上げられ、垢として排出されます。
これがいわゆるターンオーバー(肌の代謝)であり、肌細胞の生まれ変わりを促す重要なシステムです。
健康で正常な20代の肌であればその周期はおよそ28日。
しかし、細胞の活性は加齢によって低下するため、それにともない代謝も悪くなり、ターンオーバー周期も徐々に延びていきます。
すると生成されたメラニンをきちんと排出できなくなり、その結果としてシミができてしまうわけですね。
つまり、「シミのある肌=ターンオーバーが低下した肌」だということ。
もちろん、ターンオーバーが停滞する原因は単純に加齢だけではありませんし、メラニンが生成される原因も様々。
そのため、若い世代でもシミができることは珍しいことではありません
以下にシミの種類とその原因を簡単に説明するので、自分のシミと照らし合わせてみましょう。

・老人性色素斑……いわゆる一般的なシミで、長年の紫外線によるメラニンの蓄積が主な原因。

・脂漏性角化症……イボ状のシミ。メラニンの蓄積と角質の異常によって起こる。

・雀卵斑(そばかす)……頬を中心にできる細かいシミで、遺伝的要素が大きい。

・肝斑……女性ホルモンのバランスの乱れで起こる。妊娠出産・ピルの服用・更年期などにできやすい。

・炎症性色素沈着……肌にできた炎症部分にメラニンが形成されて沈着したもの。ニキビ跡、傷跡など。

・花弁状色素斑……おもに体にできる形がまばらなシミ。日焼けによって起こりやすい。

くすみのある肌

くすんだ肌はなんとなく顔色が悪く見えたり疲れて見えたりして、見た目年齢を大きく左右してしまいます。
くすみの定義をはっきりと定めるのは難しいものですが、簡単にまとめると「肌の明度が下がった状態」だと言えるでしょう。
とはいえ、肌の明度を下げる要因にはいろいろなものがあります。
たとえばメラニンの沈着。
こまかいシミがたくさんできたことで、肌がくすんで見えてしまいます。
また、血行不良によって肌色が暗く見える場合もありますね。
さらに、乾燥によって角質が毛羽立ち、肌全体に小さな陰をつくることでできるくすみもあります。
くすみは年齢によって目立ちやすくなりますが、適切なケアを行えばある程度改善できるといえるでしょう。
逆に、若い世代でもケアを怠れば、くすみが目立ちやすくなるといえます。

しわのある肌

しわは加齢を表す一番わかりやすい現象です。
小さくて細かいしわもあれば表情にあわせてできるしわもありますが、どんなしわも原因はおおむねひとつ。
それは、真皮にあるコラーゲンやエラスチンといった、肌のハリと弾力を保つ役割をしている線維組織の減少・弱体化です。
コラーゲン・エラスチンは線維芽細胞からつくられます。
しかし、この細胞も加齢によって働きが低下するため、年齢を重ねることで線維組織が減っていき、真皮からハリが失われます。
そして、真皮の上のある表皮が緩んでシワができるというわけですね。
ある程度のシワは自然現象ですが、外部からの刺激によって線維を傷つけたり、活性酸素によって細胞や組織を傷つけた場合、シワの発生が早まることもあります。
また、乾燥による小じわというものもあり、これは角質層に十分な水分が保持できなくなり、角質が厚く硬くなってキメが乱れた結果できる細かいシワです。
従って、比較的若い肌でもケアを間違えればしわができやすくなり、逆に正しいケアをしていれば年齢を重ねた肌でもしわは目立たなくなります。

たるみのある肌

ほうれい線や瞼、目の下、額、顎などに表れるたるみは、しわと同じくコラーゲン・エラスチンの減少によって起こるほか、表情筋の衰えも大きく影響します。
とくに、ほうれい線は表情筋の衰えによる代表的なたるみといえるでしょう。
表情筋も筋肉なので加齢によって衰えていきますし、あまり使わないでいると衰えを加速させてしまいます。
とくに頬は脂肪が厚くて重いため、弱った表情筋ではきちんと支えきれず、たるみが目立ちやすくなります。
また、目元や口元は表情の変化によって良く動き、頻繁に折りたたまれるためしわになりやすく、しわ部分が時間をかけてたるみに変化するのも珍しいことではありません。
くわえて、目元のたるみは目周りにある眼輪筋という筋肉の衰えや、メイク・メイク落としの際の摩擦も大きな要因ですね。
頬と同様に脂肪が多い顎周りも、たるみが目立ちやすいパーツです。
ただし、顎周りはむくみや体重の増減によって輪郭が変化しやすく、そのためにたるみが目立ちやすかったり、たるみじゃないのにたるみに見える場合もあります。

年齢を感じさせない肌を叶える5つのケア

年齢を感じさせる肌にもいろいろなものがありますが、それぞれに効果的な方法として、今回は5つのケアを紹介したいと思います。

その1 美白ケア

シミやメラニンが蓄積したタイプのくすみに効果的なのは、美白有効成分を配合した化粧品の使用です。
有効成分とは厚生労働省に一定の効果・効能を認められた成分であり、これを規則に従って配合・申請したアイテムは医薬部外品と呼ばれます。
医薬品ほど強い作用はありませんが、化粧品よりも効果を期待できるため、本気で美白対策をしたい人は美白有効成分配合の医薬部外品を使用しましょう。
以下は、美白有効成分の一例です。

・ビタミンC誘導体
メラニン色素を還元して色を薄くする作用があるため、すでにあるシミの改善に効果的です。
また、メラノサイト(メラニン生成が行われる組織)を活性化させるチロシナーゼという酵素の働きを阻害するので、メラニンの生成を根本から断つことも可能。
水溶性と油溶性があり、水溶性のものであれば化粧水に配合され、油溶性のものはクリームや美容液に配合されます。
化粧水をイオン導入することで、より効果を期待できるでしょう。

・トラネキサム酸
肌がダメージを受けた際に発せられるメラニン生成の指令そのものをとめることで、メラニン生成を予防します。
もともと抗炎症剤として使われていたので、肌の赤みなどを抑えるのにも役立ちます。

・アルブチン
こけももから抽出された成分で、チロシナーゼの活性を阻害する作用があります。
濃度が高いと肌に刺激を与えることもあるため、敏感肌の人や肌荒れをしている人は避けた方が無難かもしれません。

・リノール酸S
サンフラワーオイルやヒマワリオイルなどの植物油から抽出された成分で、メラニン色素の排出を促す作用やチロシナーゼ酵素を分解する作用があります。
クリームや美容液に配合され、保湿性もあります。

・カモミラET
カモミールに含まれる成分で、トラネキサム酸と同じくメラニンの生成指令をとめることができます。
消炎作用をもち、化粧品にはカミツレエキスとして配合されることも多いです。

上記のような成分が配合された美白ラインの化粧品を使用するほか、適度なピーリングでターンオーバーを促すのも効果的です。
また、当たり前ですが紫外線ケアは季節を問わず、1年中行うようにしましょう。
さすがに毎日SPF50の日焼け止めを塗る必要はありませんが、季節によってSPF値の異なる日焼け止めを使い分け、日傘や帽子、サングラスなども活用するようにしてください。

その2 コラーゲン・エラスチン強化ケア

しわやたるみに効果的なのは、減少・弱体化したコラーゲンとエラスチンを強化するケアです。
といっても、食品から摂取してもアミノ酸に分解されてしまうのであまり意味はありませんし、コラーゲンとエラスチンが配合された化粧品を使っても保湿成分としてしか働きません。
そのため、肌代謝を活性化して線維芽細胞に働きかける成分や、コラーゲン生成に必須となる栄養素を化粧品で届けてあげるのがベスト。
それが可能な成分としては、ビタミンC誘導体、ナイアシン、レチノールの3つが挙げられます。
ビタミンCはコラーゲン生成に欠かせない成分であり、ナイアシンとレチノールにもコラーゲン生成促進効果が認められています。
これらに加えて、肌機能を正常に働かせるのに欠かせないアミノ酸やミネラルが豊富に配合されているアイテムならなおいいでしょう。
また、肌代謝を促進するのにあたっては定期的なピーリングもおすすめです。
ピーリング後の肌は浸透が良い状態なので、そこでレチノール配合のクリームを使うとより効果的でしょう。
ただし、ピーリング+レチノールの組み合わせはやや刺激が強いため、肌が弱い人は避けた方が無難です。
それぞれ別に実践するか、ビタミンC誘導体配合の化粧水をイオン導入するといいでしょう。
ビタミンC誘導体でも刺激や乾燥を感じる場合は、刺激性が低いナイアシンに変更してください。

その3 十分な保湿ケア

乾燥はあるあらゆるトラブルの原因であり、悪化を促す要因です。
ターンオーバーを促してメラニンを排出するためにも、角質の毛羽立ちを抑えるためにも、小じわを改善するためにも保湿は欠かせません。
つまり、肌状態を正常に整えるためには肌が十分な水分を確保していることが必須なのです。
そのため、スキンケアアイテムは配合されている保湿成分にもしっかり着目しましょう。
化粧水はヒアルロン酸やコラーゲンといった水溶性保湿成分配合のものを。
クリームや乳液、美容液には油溶性のセラミドが配合されているものがおすすめです。
とくにセラミドは保湿の要とも言われる重要な成分で、角質層内に並ぶ多数の角質細胞の間を埋める細胞間脂質の一種であり、水分を挟み込んで保持する作用を持っています。
「保湿ケア=水分をたっぷり与えること」と思っている人も多いですが、本来肌の水分は内側からにじみ出てくるものであり、外側から与えてもその効果はほんの少し。
よって、セラミドのように水分を角質層内で保持する油性成分こそ、保湿には有効なのです。

その4 表情筋のストレッチ

表情筋も筋肉なので、適度にほぐしたり鍛えることで若々しく保つことができ、顔を引き締めてたるみを目立たなくすることが可能になります。
以下は効果的なストレッチの例です。

・舌ぐるぐる運動
口の中で舌を歯列の外側に沿って大きく回す運動です。
頬の輪郭や顎周りを引き締め、ほうれい線を薄くしたり予防する効果が期待できます。
ほうれい線を内側から押し出すようにすると効果的で、右回し・左回し各10回を目安にしましょう。
最初は舌の付け根や顎周りがかなり疲れると思います。
慣れてきたらセット数を増やしてみてください。

・眼輪筋エクササイズ
目の周りの眼輪筋を鍛える運動です。
顔は動かさず、視線だけを上下に動かすのを5回、今度は左右に動かすのを5回、寄り目を5回。
これを2セット繰り返しましょう。
あまりにも疲れるようであればセット数を減らしても大丈夫です。
適度に眼輪筋をほぐすことができれば、目のリフレッシュにもなります。

・ペットボトルエクササイズ
ペットボトルに水を少量入れ、ペットボトルの口を唇だけでくわえたら、ゆっくり持ち上げます。
そのまま10秒キープし、ゆっくり下ろしてください。
慣れてきたら水の量を増やしましょう。
顎周りやほうれい線のケアに効果的です。

これらのエクササイズにくわえ、普段から表情をなるべく引き締めるようにするのも効果的ですね。
気が抜けているときに口がポカンと開いていたり、口角がガ下がっている人は要注意です。

その5 適度なマッサージ

血行促進とむくみ改善のため、適度なマッサージも取り入れていきましょう。
ただし、力を込めた強いマッサージは肌に摩擦を与えて炎症性色素沈着の切っ掛けになってしまったり、線維組織の損傷を促してたるみを誘発してしまいます。
マッサージクリームやジェルなどを用いて摩擦を軽減し、リンパの流れに沿って優しく撫でるようにマッサージしましょう。
入浴中や入浴後、温めた手で行うと血行促進に効果的で、肌の代謝も活性化されます。
ただし、たるんだ部分を引き上げるようなマッサージは逆効果なので、絶対にやらないように。
自己流のマッサージは間違っていることも多いので、自信がない場合や難しい場合は、エステサロンなどでフェイシャルマッサージの施術を受けて参考にするといいでしょう。

スキンケアだけではなく日常生活の見直しも

年齢肌は長年の積み重ねによって作られるものであり、スキンケアだけで立ち向かうのは困難です。
そこで、日常生活の見直しも同時に行いましょう。

食事内容の見直し

食事は体作りの資本なので、毎日3食、バランスの良い食事を食べること。
1日1食は野菜多めの和食にして、油分を抑えると良いでしょう。
また、細胞や組織を傷つけて老化を促進する活性酸素に対抗するため、抗酸化物質も積極的に摂取したいですね。
肌にとって必要な栄養も抗酸化物質も、いろいろな食物に含まれています。
だからこそ、好き嫌いせず、なるべくたくさんの食材を口にしましょう。
そう考えると、丼やパスタなどの一品料理は食材が少なくなる傾向があるので、頻度を減らした方が良いかもしれません。
「忙しくてなかなか食事が取れない」、「どうしてもコンビニやインスタントに頼ってしまう」という場合は、サプリメントに頼るのもありです。
とはいえ、サプリはあくまで補助食品。
食事で摂る栄養素とは厳密には異なるので、なるべく食事から栄養を摂取するように心がけましょう。

睡眠習慣の見直し

食事やスキンケアと同じく大事でありながら、軽視されがちなのが睡眠。
肌の修復は成長ホルモンが分泌される就寝中に行われるため、十分な睡眠は健やかな肌を育てるためには欠かせません。
もちろん、睡眠の質も重要です。
睡眠ホルモンと言われるメラトニンは起床してから14時間後から増え始めるので、そこからあまり時間を空けずに就寝することで質の高い睡眠を得られるでしょう。
また、成長ホルモンは入眠してから3時間後に分泌が高まります。
朝7時起きた場合、体は9時頃から眠る準備を始め、すぐに眠れば0時ごろに成長ホルモンの分泌ピークを迎えるというわけですね。
美容業界で、夜10時から深夜2時がお肌のゴールデンタイムと呼ばれるのはこのためです。
とはいえ、毎日9時や10時に寝るのはさすがに現実的ではありませんよね。
のんびり入浴したり本を読んだりしてリラックスする時間も大事なので、「遅くとも0時までにはベッドに入る」くらいを目標にするといいでしょう。

その他

エイジングケアのために見直すべき点はほかにもいくつかあります。
もしあなたが人間関係や仕事などでストレスを抱えているなら、ストレスの原因を遠ざけるか、あるいは自分に合った解消法を見つけましょう。
ストレスは活性酸素が発生する要因であり、肌の健康を大きく害します。
一番効果的なのは、とにかく無理矢理でも体を休めること。
ストレスを抱えているということは、交感神経優位の状態が継続していて、体が緊張している状態です。
ゆっくり入浴する、お気に入りの音楽を聴いてのんびりする、早めにベッドに入ってたくさん眠るなどして、副交感神経を働かせるようにしましょう。
交感神経(緊張)と副交感神経(休養)のメリハリをしっかりつけることで、心と体のバランスも整っていくはずです。
また、バランスといえば女性ホルモンのバランスにも注意が必要。
女性は周期的にホルモンのバランスが変化し、肌状態も微妙に変化します。
規則正しい生活を送ることでバランスが大きく乱れないように注意しつつ、肌状態を見極めて臨機応変にスキンケアも変化させましょう。

セルフケアでは限界があることも理解しよう

繰り返しになりますが、年齢肌に見られるトラブルは大抵の場合加齢によって自然と表れるものです。
完全に消すことはなかなか難しく、また、自然現象に逆らおうとすると肌への負担も大きくなることを覚えておきましょう。
また、セルフケアではどうしても解決できないトラブルもあります。
たとえば、根が深く大きいシミや脂漏性角化症、そばかすなどはレーザー治療でしか満足いく結果は得られないでしょう。
肝斑は漢方の桂枝茯苓丸やトランシーノといった処方薬が効果的であり、きちんと効果を得たいのであれば皮膚科で処方してもらうのが一番です。
たるみに関しても、初期のものであればセルフケアでも効果を得られますが、時間が経ったものだと美容外科や美容皮膚科でのボトックス注射やリフトアップ施術でなければ難しくなるでしょう。
エイジングケアを始める際は、自分が抱えているトラブルの状況・状態を良く理解すること。
そして「このシミはまだ薄いからセルフケアで改善しよう」「このくすみはかなり濃いから、せめて目立たなくなるまで頑張ろう」「このたるみは専門家にお願いしよう」といった風に、無理のない目標設定をすることで、合理的にケアをすることができます。

自分の肌と目的に合うオールインワンで効率的なケアを

オールインワンならコストを抑えて手軽にケアを続けられるのは冒頭でも話した通り、自分の肌悩みにあった成分が配合されているものを選べば、さらに効率よく理想の肌を目指すことができます。
たとえば、シミやくすみに悩むなら美白有効成分配合のシミウスやピュアメイジング。たるみやしわに悩んでいるなら高保湿のメディプラスゲルやイシュタール、ビタミンC誘導体配合のフィトリフトがいいでしょう。
コストを重視するなら価格の安いメディプラスやシミウスがいいですね。ただし、一番大事なのは自分の肌との相性です。
不安であれば無添加タイプかつ返金保証がついているメディプラスゲル、イシュタール、ピュアメイジングを選び、そのうえで使用前にパッチテストをするといいでしょう。