このページの先頭です

その肌ケア間違っていない?絶対にやめるべきお手入れ方法まとめ

54views

投稿日:

絶対にやめるべきお手入れ方法

適量以上のスキンケアゲルを使ったケア

どんな製品にも、その製品が持つ効果や効能を正しく発揮するための適量が設定されており、これはオールインワンタイプのゲルなどスキンケア化粧品も例外ではありません。

ところが、スキンケアを実践している方の中には、オールインワンタイプのゲルを適量以上、1回当たりのケア時に使っているという方が多く、これは間違った肌ケアであると共に、肌への負担を考える上でできるだけ避けたいポイントに当たります。

ゲルを肌に対して塗りすぎてしまうと、ゲルが持つ保湿効果や美容効果が正しく発揮できません。肌呼吸を阻害し浸透しきれずに乾燥してしまったゲルによる乾燥肌の誘発など、様々な部分で肌ケアに反した効果が現れる危険性もあります。

肌が荒れるスキンケアコスメの使用

スキンケア化粧品は、天然由来や無添加などを謳う高級品ばかりでなく、市販されている安価な商品までその種類は様々です。

こうした数あるスキンケア化粧品の選び方によっては、肌に対して良質な効果を与えるどころか、逆に肌に深刻なダメージを与えてしまう危険性もあるため、体質に合った最適な製品選びが欠かせません。

特に、実際にスキンケアを行っている最中に肌のかぶれや赤みなど何らかの肌トラブルが起こってしまった場合、その時に使用したコスメは肌や体質にとって合わない物と考えられます。できるだけ使用を控えるのが肝心です。

特に、化学合成成分が多く含まれたオールインワンタイプのゲルは天然由来のオールインワンゲルと比較してもこうした症状が現れやすいので、実際に利用する際には特に慎重さが求められます。

肌に刺激をもたらす乱暴なケア

肌ケアは、ただ単にオールインワンゲルやスキンケアコスメを使って実践すれば良いというわけではありません。例えば、多くの方が犯しがちな間違いの1つとして、コスメを使って肌に強い刺激を与えながら塗布する方法があります。これは肌ケアを考える上で絶対に犯してはいけない間違いに当たります。

スキンケアが、肌に蓄積した疲労やストレスを如何に軽減することができるかどうかにかかっているので、正しい方法と比較して強い刺激を与える方法では、かえって逆効果となってしまうこともあります。

肌ケアを行う際には、優しく手の平を使って刺激を最小限に抑えながら行い、ゲルを使用して肌への摩擦を軽減するなどの工夫が求められます。

正しい肌ケアの方法とポイント

肌の潤いと保湿を心がけること

正しい肌ケアを実践する上で絶対に押さえておきたいのが、肌に潤いと保湿を常に与える方法を実践するという点です。これを手軽に実現する方法として、化粧水やオールインワンタイプのゲルなどがおすすめです。こうした製品を使って肌に適度な水分や油分と有効成分による潤いを補充するようにしましょう。

水分を油分でコーティングすることを意識して

肌ケアには正しい順番があり、まず化粧水などで肌に水分を補充した後、より粘度が高い乳液や美容液を使って肌に潤いの成分を与えながらコーティングを行うようにします。

なぜ、肌ケアにこうした正しい順番が設けられているのか?それは、化粧水などの水分だけを肌に塗布した状態でケアを終了すると、せっかくの水分が揮発してしまうからです。化粧水によって水分を肌へ補った後に、油分などが含まれた分だけ粘度が高く揮発しづらい乳液や美容液を塗布することで、化粧水の水分の揮発を抑えながら潤いをキープすることができます。

このことからも、まずは化粧水などを使って肌に水分を補った後に美容液や乳液、美容パックなどの方法を実践するのがポイントです。また、これらの製品の代わりに、代用品として使えるオールインワンタイプのゲルを用いてもよく、それぞれを別々の製品で行う場合と比較してもより手軽に正しい肌ケアとして完了できおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA