ユースキンAはオールインワンの代用として使える?

冬の寒い時期になってくると手や顔などが乾燥しやすくなってしまう為、ひびきれなどで悩む人が増加傾向に。

唇にはリップクリームを塗り、手のひびきれなどには、ハンドクリームを塗るのが一般的ですが、そのハンドクリームを顔のアフタケアとして使っている方もいます。

でもやはり、ハンドクリームは手に、顔には顔専用のものを使ったほうが良いでしょう。

寝ている時間を利用する

手のガサガサならまだしも、切れてしまっては、水仕事をするにしても捗りません。ハンドクリームの使い方として一番のおすすめは、夜寝る前にたっぷり塗って薄手の手袋をつけると良いです。

長い時間であればあるほど、効果的ですから睡眠時間の時に塗っておき、細目に毎日塗ることが、理想です。

酷いひびきれでも数日ユースキンを塗って寝れば、水仕事ぐらいは苦にならなくなるのでは?

値段の高いハンドクリームもありますが、「量をたっぷり、そして毎日」これが、良いな方法です。それには、やはり手頃に購入できるユースキンAがおすすめです。

ユースキンには、いくつか種類があり、ユースキンA ユースキンI ユースキンS ユースキンhana ユースキンルドー ユースキン あせも など用途に合わせて選ぶことが出来ますが、市販のものでは、ユースキンAの認知度が高いです。「あの黄色のケースにオレンジの蓋」と言ったら想像できるのではないでしょうか?冬の定番ですから、ひびきれ、しもやけ、あかぎれなどに使われている方も多いですね。

そのユースキンAは、ひびやあかぎれ、手荒れやサカムケなどビタミンの配合されたハンドクリームですが、手だけではなく肌質に合えば顔やボディにも使うことができ様々な肌ケアとして利用することが可能です。化粧水や美容液、乳液のスキンケアを一度にできるオールインワンのケアとしても良いですね。

ユースキンの成分は、ビタミンE酢酸エステルが、血行に、しもやけなどの血行障害にも。血行不良から起こるかゆみや炎症などにも向いていそうですね。

グリチルレチン酸は、ステロイド様成分として炎症を鎮める働きがあると言われており、ニキビケア化粧水などにも配合されている成分のため、化膿してしまった部分やトラブルを修復するのでは?と期待されているようです。

その他は、dl-カンフルも配合されているので清涼感を出します。

グリセリンは化粧水などにもよく使われる成分でしっとりとした質感を作り、トラブルを鎮めると言われています。

潤い成分としては、ヒアルロン酸も配合されています。肌に塗っても浸透しませんが、肌の潤い成分を蒸発させないので、肌を潤すことができるようです。

ビタミンCは、肌のコラーゲンの生成を促す成分ですから、メラニン色素を還元する働きもあります。毛穴を引き締めたり皮脂の分泌を抑制するなどの作用もあるとされています。

このような成分が豊富に含まれていることから、塗るだけで手軽にケアできる、かつコストパフォーマンス良いとして人気のある商品です。

パックにする方法

特にパックにする方法もおすすめです。

パックする方法としては、まず髪についてしまうとベタベタしてしまうため顔をスッキリ出すためのヘアバンドなどを用意します。

また、顔にたっぷりつけていくことから胸元が開いた服がオススメです。

汚れても良いパジャマや部屋着などを着ると後始末が簡単です。具体的なやり方としては、洗顔を行って顔の汚れを落とします。

軽く拭いて水気が残った状態で、ヘアバンドなどで髪の毛に付かないようにしたら、ユースキンを手のひらに出してハンドプレスの要領で密着させるように塗っていきます。

水気がある方が肌になじみやすく、伸びが良いため顔全体に塗っていき、細かい部分は、指の腹を使って内側から外側に円を描くように全体的になじませていきます。

なじませるときには強くこすらないようにすることがポイントです。

強くこすりすぎるとダメージになってしまい、乾燥を引き起こすため注意が必要となるので、顎のラインは引き上げるように指を滑らせ、筋肉に沿って塗ることで高められます。

頬の部分は円を描くように下から上にマッサージしていき、額も内側から外側にマッサージします。ケアしていくとクリームは白くなっていきます。白くなったら10分程度放置します。放置していくうちにどんどん透明になってきますので、色が気にならなくなったら、ぬるま湯でさっと流してベタつきを抑えます。

アフターケアに、普段通りの化粧水や乳液を使ったケアをしても良いですから、肌質に合うかどうかは、二の腕など皮膚の柔らかい部分でパッチテストを行ってから使うことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました