このページの先頭です

手の込んだ肌ケアは毎日大変!手軽だけど肌に良いお手入れ方法

82views

投稿日:

オールインワン化粧品の特徴

お肌ケアは、いつの時代も女性にとって必要不可欠なものです。人の第一印象はまず顔で決まると言われています。その中でもお肌の状態が良いと、相手にさらに良い印象を持ってもらうことが出来ます。

そして良いお肌の状態を保つためには、毎日のお肌ケアはとても重要なことなのです。洗顔後の化粧水、乳液は必須ですよね。そこに美容液や朝は日焼け止めクリーム、夜はナイトクリーム、スペシャルケアとしてフェイスパックなどがプラスされていきます。

それを毎日休みなく365日必ずしなければならないとなるととても大変です。そこで、手軽にしっかりお肌ケアが出来る商品として登場したのが、オールインワン化粧品です。

オールインワンなので、化粧水、乳液、美容液、ナイトクリームと1つで4役のものから、そこに日焼け止めの効果や、フェイスパックとしての効果、さらには化粧下地としての効果もプラスされ1つで5役にも6役にもなる商品がたくさんあります。

オールインワンはお肌ケアをする時間の短縮にも有効です。化粧水や乳液をコットンに付け、パッティングしそれぞれの浸透を待つ時間と、オールインワンをさっと一塗りする時間を比較すると、かなりの時間短縮になるでしょう。

またお肌ケアを行うスキンケア商品は、同じブランドで揃えた方がお肌への浸透が良いと言われています。しかし取扱店が限られていたり、必要な時に売り切れていたり、と不測の事態がないとも言い切れません。しかしオールインワンであれば、それ1つで全て補えるので、ラインで揃える必要もありません。

そしてそれはお肌ケアにかける費用も抑えられる、ということに繋がります。お肌ケアにかける時間を短縮出来るだけでなく、その費用も抑えることが出来る、オールインワン化粧品は優秀なスキンケア商品なのです。

オールインワンゲルの効果的な使い方

オールインワンのメリットは先ほど述べたように、時短でお肌ケアが出来たり、費用が抑えられたりなどがありましたが、残念なことにデメリットもいくつかあります。

通常のスキンケアと比較すると、お肌への浸透がやや弱い点があげられます。なぜ、オールインワンだとお肌への浸透が弱くなるのでしょうか。

単品使いのスキンケアと比較すると分かりやすいですが、単品だと、化粧水、乳液などの順に粒子の細かい順にお肌へ乗せ、浸透させます。しかしオールインワンだと、粒子の大きさに関係なくまとめてお肌の上へ乗せることになるので、浸透が弱くなってしまうのです。

またお肌の乾燥が気になる季節や、皮脂によるテカリが気になる季節など、その時々のお肌の悩みによって美容液やナイトクリームの量を調整することが出来ないなどのデメリットがあります。

そこで、オールインワンを効果的に使う方法をご紹介したいと思います。

まず、オールインワンをお肌の上へ乗せる前にプレ化粧水でお肌へ水分を足しておくこと。そうするとプレ化粧水が蒸発するのをオールインワンが防いでくれ、プレ化粧水の効果とオールインワンの効果をスムーズにお肌へ浸透させることが出来ます。

また、お肌の上へプレ化粧水が乗っていることでオールインワンの有効成分もお肌への浸透が良くなるのです。

他にも丁寧なお肌ケアをしたい夜には、単品使いのスキンケアでお肌ケアを、忙しい朝にはオールインワンで素早くお肌ケアを、などとお肌ケアをするタイミングによって使い分けることもオススメです。

ちなみに、オールインワンゲルのゲルと呼ばれる形状はローションとクリームの良い部分を併せ持ったものを指しています。そのため、その他のオールインワン商品と比較した際、ゲルはベタ付きにくく、乾燥しにくいというメリットがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA