このページの先頭です

紫外線は1年中気をつけるべき!シミ・ソバカス予防に良い肌ケア方法

58views

投稿日:

紫外線は雨の日も冬の日も降り注いでいる

美白や美肌のために紫外線対策を念入りに行う人は多く、春先から夏にかけてはしっかりと対策をする人が増えます。しかし、紫外線は日差しが弱い時期でも降り注いでいることに注意が必要です。見た目のまぶしさや気温と紫外線の量が一致するとは限らないのです。

ウィンタースポーツで雪焼けをする人がいるように、紫外線はアスファルトやビルの反射でも強化されます。シーズンに関わりなく紫外線の対策をする必要があります。また、紫外線は雲を通り抜けて地表まで届くのもポイントです。晴れの日と比較して量は減るものの、紫外線対策をしないと日焼けやシミの元になる場合があります。

蒸し暑い時期に日焼け止めをぬるのは不快感を伴う場合があります。しかし、しっかりと対策をしておかなければ後々まで影響するのです。夏にできたシミやソバカスが、秋ごろに目立つケースもあります。細胞は常に生まれ変わっているため、影響が目立ち始めるまでに時間がかかるケースがあるからです。

冬の時期にできたシミなどが春頃に目立つ場合もあります。季節や天気に関係なく紫外線を防止することが、シミとソバカス予防には大切になるのです。紫外線防止の化粧品やスキンケア用品を使い、日焼け止めはシーズン中切らさないようにすることが大切です。

また、しっかり肌をケアして細胞の生まれ変わりを促すことも重要です。睡眠不足や栄養不足、ケア不足など、代謝が滞ればシミやソバカスが大きくなる可能性が出てきます。色素が沈着しやすくなってしまうため、日ごろから肌のダメージケアに気を使い、健康な肌を保つことが重要になるのです。

オールインワンゲルを利用すれば、多くの手間を省けるため、肌ケアに積極的に利用するのがおすすめです。個別に化粧品をそろえた場合と比較してコストが安くなる場合が多いのもポイントです。

オールインワンゲルの強みと肌ケアのメリット

オールインワンゲルは乳液や美白化粧品、化粧水などの機能を併せ持ったものです。ゲルを使うことで保湿性を高めているのがポイントで、パックなどと比較して手間が省けます。肌が乾燥しやすい場合やメイクのりが悪い場合は、肌のコラーゲン生産能力が落ちてしまっている可能性があります。

年齢を重ねると代謝が弱まり、コラーゲンの生産能力が落ちやすくなります。また、紫外線を浴びるとコラーゲンを破壊する酵素の動きが活発化してしまい、肌が荒れやすくなってしまうのです。一度肌が荒れると雑菌が入りやすくなってしまい、ますます色素が沈着しやすい状況ができてしまいます。

肌にダメージが蓄積することで色素が過剰に分泌されるため、ダメージを防ぎ、肌が休める環境を作ることが大切です。肌ケアの基本となるのが、眠る前のタイミングでしっかりと栄養を補給することです。肌の代謝は睡眠時にもっとも活発になります。

とくに夜10時から午前2時の間に休むと良いとされています。早めの睡眠が肌に良いと言われるのは、体が一日の生活リズムを記録し、休むタイミングを計っているためなのです。

注意したいのは、寝るすぐ前に食事をすると消化能力にエネルギーが使われ、肌の代謝が弱くなることです。夕食を食べることは重要ですが、食べ過ぎや消化に悪いものの摂取はマイナスになる場合があります。

また、お風呂上りで肌が潤った状態で肌ケアを始め、睡眠で代謝を高めてダメージを残さないことが重要になってきます。熱いお風呂やシャワーを好む人もいますが、40度を超える温度の場合は必要な皮脂まで流してしまう場合や、肌に余分な刺激を与えてしまうことがあります。

また、ジェルをぬるときも力を込めないように注意が必要です。肌ケアはあくまで優しくすることと、リラックスして行うことが大切です。寝室を眠りやすい温度に調整しておくなど、工夫を加え、睡眠の質を高めるのもポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA