このページの先頭です

半身浴後にオールインワンゲルで肌ケア!ゲル状でも肌に浸透しやすい?

55views

投稿日:

半身浴後は絶好の肌ケアタイム!

肌のケアには、保湿と保護が不可欠な要素ですが、お風呂上がりには、肌の表面の水分が蒸発してしまうので、その状態が低下してしまいがちです。夏の暑い日の地面に水をまくとその水分が熱で短時間の間に蒸発し乾いてしまいますが、お風呂上りの肌にも、同じような事が起こってしまいます。特に冬場は、空気が乾いていますから水分の蒸発が早くなります。

通常の入浴も勿論ですが、半身浴で長い時間お湯に浸かっていると汗をかき、体内の水分が出ている状態になってしまうため保湿してあげる必要があります。せっかく健康と肌のケアのために半身浴をしてもその後の保湿を怠ってしまったのでは、肌にとって良い状態とは言えませんが、入浴後に浴室から出ない訳にもいきませんから難しい問題ではあります。ただし、浴室内には蒸気が発生しているため、水分が蒸発しにくい環境にはあります。

肌の水分が蒸発しないようにするには?

沢山の水分が体についていても、いずれは蒸発してしまうので、浴室内で髪や体の水分を絞ったり拭いたりして落とし、肌に蓋をすることがポイントになりますが、浴室内で、オールインワンゲルの化粧水・ジェルなどで保湿するとその効果を高めることが出来ます。

今の化粧品はとても便利で、とくに「化粧水・乳液・クリーム・美容液」などの多種類の機能が一つで補えるオールインワンゲルは、顔は勿論ですが体にも便利に利用できます。半身浴後は肌が柔らかくなっているため、化粧水だけでは肌に油分で蓋ができませんし、乳液だけでは水分を補給しないまま蓋をすることになってしまいます。摩擦も多くなり、肌のキメにとって逆に悪影響になることも考えられます。またそれらの肌ケアをすべてを一つ一つ行っていたのでは、二度手間な上に時間もお金もかかってしまいます。しかし、オールインワンゲルなら半身浴後にでも、それらの問題を解消してくれるベストな方法と言えます。

先述のとおり肌ケアは、入浴後の浴室でそのまま行うのがおすすめですから、化粧水などを体に塗るのはサラサラした液状のため塗りにくく、こぼしやすいですが、ゲル状のように少しとろみがあれば体には塗りやすすくなります。

オールインワンゲルのデメリット

メリットが多いオールインワンゲルですが、デメリットを上げるとすれば、ゲル状の為液状と比べると肌に浸透しにくいということがありましたが、現在では浸透しやすさも研究されている商品も多く出ているため口コミなどを確認して、ポロポロとカスが出たりしない商品を選ぶこともできます。

オールインワンゲルが、半身浴後の肌ケアにおすすめな理由としては、体が温まっているからです。ゲルや美容液は成分によっては、馴染みにくいこともありますが、一般的には手のひらの熱で温めて浸透させますので、入浴後であれば体全体が温かい状態ですから簡単にゲルが伸びて浸透してくれます。

とにかく入浴後の水分の蒸発が始まらないうちに、うるおいや栄養成分が沢山入っているオールインワンゲルを体に塗ることが出来れば、そのあとの肌のぷるぷる具合が変わってくるはずです。特にひじや、ひざ、下着がこすれる部分などは、肌へのストレスが多くかかっていて表皮のキメが崩れていることが多いですから、そういった部分は、ほかの箇所に比べても水分の蒸発が多くなってしまうので積極的にうるおいを補給し蓋をしてあげることがポイントです。

とても便利なオールインワンゲルですが、成分にパラベンなどが含まれていないものをお勧めしますが、ほとんど商品は、無添加であり、体に優しい成分(パラベンフリー)だけを使って慰安すから、その点は安心して選べるはずです。

ほとんどのアレルギーリスクが比較的高い成分で、体に使うということは広範囲に使用することになりますので、出来る限り配合成分には気を付けて利用することをおススメします。。半身浴後をりようするなど、肌ケアを工夫して、簡単で尚且つ効果的なケアを行っていけば、若々しい肌を守れることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA