このページの先頭です

第一印象は顔で決まる?お悩み別でオールインワンゲルを選ぶポイント!

92views

投稿日:

オールインワンゲルで忙しい女性の肌ケアは出来る

人は見た目の印象を重要視する傾向があります。メラビアンの法則ですが、その中で大きな割合を占めるのが「顔」です。現代女性は社会進出が進み、家事や育児などでもとても忙しいです。それでも多くの人が、いつまでもきれいでいたいと思うもの。そこで、顔のスキンケア時間が短縮できるオールインワン化粧品は大変便利です。でもたった1つのオールインワン化粧品でちゃんと肌ケアができるのか心配になりますよね。

顔のシワや毛穴ケアがしたい、シミ対策や美白もしたい、大人ニキビをなんとかしたい、年齢的にも頬が垂れ下がってきた、などお悩みは人それぞれ。20代と50代の親子で同じものを使って良いのか分からないという疑問も出てくるでしょう。

お悩み別に自分に合ったオールインワン化粧品の選び方と美肌づくりの効果的なケア

あなどれない?進化するオールインワン化粧品

オールインワン化粧品とは、化粧水、乳液、クリームなどの基礎化粧品の役割がひとつになったものです。手軽で時短ケアが出来るため、人気に火がつき、ここ十数年多くの化粧品メーカーや製薬会社などがこぞって新商品を売り出しています。かつてのオールインワン化粧品はべたつく、被膜感があるなど指摘されていました。しかし、最近ではその使用感の問題も改善されはじめています。

さらに、本来混ざり合いにくい水分(化粧水)と油分(乳液)を、同時に角質層まで浸透させる技術なども各社で開発され、美容液成分なども多く含み、どんどん品質が磨かれていっています。高品質ながら1つの基礎化粧品の購入で済んでしまうということは、あれこれ買いそろえる必要がなく、節約になります。オールインワン化粧品の中では、化粧下地、パック、マッサージゲルなどの用途に使えるものもあるので、場合によってはさらにコストパフォーマンスが良くなります。

お悩み別!目的に合ったオールインワンゲルを探す

顔のシワやたるみ、肌のごわつきが気になる方は、乾燥が原因になっていることが多いので、保湿力が高いオールインワン化粧品を選ぶと良いでしょう。肌に潤いを取り戻すことによって、ハリのあるプルンとした素肌づくりを期待できます。ハリのある肌は光を反射するので、お肌の透明感を生みます。敏感肌や赤みがある場合は、なるべくアレルギーパッチテスト済みのものや、無添加処方で低刺激性のものを選ぶと良いでしょう。赤ちゃんや子どもが使え、皮膚科でも紹介されているものもあります。シミやくすみの対策としては、メラニン色素の生成を抑制する美白ものを。深い悩みである顔の大人ニキビや毛穴のシミ、肌荒れなどに作用するオールインワン化粧品もあります。

こうした効果があるものは医薬品や医薬部外品で有効成分が表示されており、厚生労働省に認められています。しっかりした効果を求めたい場合は、チェックする大事なポイントです。さらに、悩みが複数ある場合にも対応していて、「美白かつ保湿」「低刺激かつ保湿」「ニキビとシミ両方に効く」「ハリとエイジングケアと潤い」など、ほとんどが多機能の商品です。

そして最後に使用する年齢層についてですが、全ての年齢に対応しているもの、20代~60代と幅広いもの、特定の年齢層に特化したものなど、商品によって違いがあります。年齢の制限が特にないものや、幅が広いものであれば、親子などで顔に使っても特に問題ありません。

便利で優秀なオールインワンゲルで顔の印象アップ

今やオールインワン化粧品はマルチ機能化粧品。便利な上に高度な肌ケアとしても見直されています。お肌がきれいだと若々しく見られますよね。自分の悩みや目的にあるオールインワン化粧品を見つけることで、年齢を感じさせない効果的な美肌作りにつながり、顔の印象アップも期待できるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA