このページの先頭です

オールインワンゲルの効果をよりよくするために知っておくべきこと

20views

投稿日:

ちょっとの知識でオールインワンの効果がさらにアップ

オールインワンゲルの後は少し置いてからメイクを

オールインワンゲルで肌ケアをした後、すぐにメイクをするのはおすすめできません。メイクをするのはオールインワンゲルで肌ケアをしてから5分後くらいにするようにしましょう。

朝の時間などは忙しいので5分も待っていられないという女性もいるかもしれませんが、洗顔したら最初にオールインワンゲルで肌ケアをし、それからヘアメイクをします。そして、そのあとに化粧をするという順番にすればまったく時間の無駄がありません。

オールインワンゲルで肌ケアをした直後はまだオールインワンゲルが肌に馴染み切っておらず、そこに無理やり化粧をすることで肌への浸透が妨げられてしまったり、化粧のノリが悪く、ヨレたりムラになってしまったりしやすいのです。化粧直しが頻繁に必要になってしまわないためには、5分待つというのはとても大切な手間なのです。

オールインワンゲルがしっかりと肌に浸透したかどうかの目安は肌がベトついているか、しっとりとしているかです。ベトついているようならばもうしばらく待ちましょう。

ファンデーションはリキッドタイプよりもパウダータイプがおすすめ

オールインワンで肌ケアをした後に化粧をする場合、ファンデーションはリキッドタイプよりもパウダータイプのものの方が肌馴染みはよく、化粧崩れがしにくいです。

リキッドタイプの場合はヨレに注意が必要です。リキッドタイプのファンデーションを使用する場合はオールインワンゲルを充分に浸透させてからにしましょう。

シミが気になる場合は部分的にコンシーラーを使用してからパウダー式のファンデーションを使用すると綺麗な仕上がりになりやすいです。

オールインワンゲルの劣化に注意

オールインワンゲルは保存料や安定剤、防腐剤などが含まれていないことが多いです。これらのものが含まれていないこと自体はとても良いことですが、一方で劣化がしやすいということも意味しています。

オールインワンゲルは開封したら1カ月以内、最低でも2カ月以内には使い切ることを心がけましょう。蓋を開けっ放しで外気に晒すようなこともしないようにしましょう。

たとえ、見た目やニオイ、使い心地などに変化を感じなかったとしても、成分が劣化していて、肌ケアの効果が少なくなっている場合があります。

急激な温度変化や極端な変化を与えるのは劣化の原因になってしまいますが、6度くらいで保管をすると劣化を緩やかにすることが出来ます。夏場やすぐに使い切れない場合は冷蔵庫の野菜室で保管するのもおすすめです。

オールインワンゲルであっても手軽に済ませてはダメ

肌のチェックを怠ってはダメ

オールインワンゲルは1つで化粧水、乳液、美容液、パック、化粧下地の役割を果たしてくれます。肌ケアのための時間や手間を大幅に節約してくれますが、だからこそ肌のチェックが怠りがちになってしまいます。鏡の前にいる時間が長ければ長い程、肌を触っている時間が長ければ長い程、日々の肌の変化に気が付きやすいです。

毎日オールインワンゲルを軽く塗って肌ケアを終了していると、気が付いたら深いシミや大きなシミができていることもあります。

オールインワンゲルを使用しているときこそ、肌の些細な変化を見逃さないようにしましょう。些細なうちに気が付いて対処をすることがとても大切です。また、オールインワンゲルを使う時には肌へのマッサージを意識して行うようにしましょう。

必要がある場合は他の肌ケア用品と併用を

普段はオールインワンゲルのみの肌ケアで問題なかったとしても、乾燥する季節や寝不足が続いたりしてしまうと問題がある場合があります。

肌の調子が悪かったり、必要があると感じたりした場合はオールインワンゲルだけでなく他の肌ケア用品と併用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA