このページの先頭です

時短&経済的!オールインワンゲルの特徴と人気商品をご紹介

60views

投稿日:

オールインワンゲルの特徴について

オールインワンゲルとは

基礎化粧品といえば、化粧水・美容液・乳液・クリームとライン使いするのが基本。オールインワンゲルは、この役割をたったひとつでこなしてくれる便利なアイテムです。商品によっては、さらに化粧下地や日焼け止めとして使えるものもあります。

成分はおもに水・有効成分・オイル・乳化剤で、これらをゲル状にするために、カルボマーといわれる合成高分子が含まれます。使い方は適量を手に取って肌に伸ばし、やさしくなじませるだけ。ワンステップで肌ケアを完了させることが可能です。

オールインワンゲルで肌ケアを行うメリット

通常の肌ケアの場合、化粧水・美容液・乳液などを続けて使用するため、時間も手間もそのぶんかかります。お出かけ前には、このステップに加えてメイクをすることとなり、さらなる負担に。オールインワンゲルを使えば、肌ケアの時間を短縮できるので、忙しい朝のひとときを有効に使えます。

また、帰りが遅くなったとき、肌ケアが面倒でそのまま寝てしまった……。そんな経験はありませんか?こんなときも、オールインワンゲルなら、お手入れがおっくうになりません。さらに、肌ケアのアイテムをひとつに統一することにより、出費を抑えられるので、通常の肌ケアと比較すると経済的といえます。

オールインワンゲルによる肌ケアはこんな方におすすめ

オールインワンゲルのメリットは、「時短」「簡単」「経済的」という3点に集約されるので、まずは働く女性や育児中の方、学生の方など、忙しくても肌ケアを怠りたくないという方におすすめです。バタバタしがちな朝を有効に過ごせるだけでなく、残業などで帰りが遅くなることが多い方にもぴったり。

また、肌ケアにあまりお金をかけたくない方にも最適で、プチプラの基礎化粧品をライン使いするよりも、比較的リーズナブルに収まります。そして、肌を甘やかさないシンプルケアが好みという方にも、オールインワンゲルは向いています。

人気のオールインワンゲル・4種を比較

とろんと濃ジェル

自然由来の成分で素肌美をつくることを目指したブランド、「なめらか本舗」から登場したオールインワンゲルです。豆乳発酵液・ダイズ種子エキス・ダイズタンパクをふんだんに配合したジェルが、もちもちの肌に導きます。

化粧水・美容液・乳液・クリームだけでなく、パック・化粧下地としても使える1個6役の便利なアイテム。とろんとした濃いジェルがサッと肌になじみ、べたつくこともありません。無香料・無着色・無鉱物油なのも、安心できるポイントです。

アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX

オールインワンゲルのパイオニア、ドクターシーラボから登場したプレミアムな逸品。化粧水・乳液・美容液・アイクリーム・クリーム・マッサージクリーム・パック・化粧下地と、なんと8つの役割をこなします。

美容成分として配合されているのは、独自開発の「3Dファスシアバンド」。立体構造のコラーゲンやヒアルロン酸が、ハリのある肌に導きます。保湿・油分補給だけでなく、エイジングケアもこれひとつでOKです。

イオナ スパ&ミネラル エッセンス ジェル

「聖徳石」由来のミネラルをはじめ、コンドロイチン、コラーゲン、セラミド、ビタミンC、スクワラン、ヒアルロン酸、プラセンタエキスと7つもの美容成分を配合したオールインワンゲルです。とろりとした感触が心地よい美容液ジェルは、アルコール&パラベンフリー・無着色・弱酸性で、肌にやさしい処方。

サッとひと塗りで、化粧水・美容液・乳液・クリームの役目を果たします。ウォーターリリーの香りも、心やすらぐひとときを演出。スパ感覚の贅沢なお手入れで、ハリと透明感のある素肌に。

肌ラボ 極潤 UVホワイトゲル

保湿成分として、ビタミンC誘導体・ヒアルロン酸・ナノ化ヒアルロン酸の3種を配合したオールインワンゲル。化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック・化粧下地・UVカットと、7つもの役割をこなし、メイクの準備まで一気に完了します。

UVはSPF50+なので、日差しの強い時期も安心。すっと肌になじむから、夏のスキンケアにも最適です。無香料・無着色・鉱物油フリーで、肌への負担にも配慮されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA