このページの先頭です

オールインワンゲルは使うべき?!主な種類やメリットを徹底解説

52views

投稿日:

オールインワンゲルについて

オールインワンゲルとは

オールインワンゲルとは「化粧品」「美容液」「乳液」「クリーム」などの肌ケアに役立つ基礎化粧品がひとつになった、オールインワンの化粧品のことです。

各化粧品はそれぞれ違った効果を持っており、化粧水が角質層に水分補給をすることで肌がふっくらした状態になって他の化粧品が浸透しやすくなるなど、お互いを補い合っています。

そのため効果的な肌ケアには多くの化粧品を使う必要がありますが、化粧に手間が掛かかりコストが高いという問題があります。そうした問題を解決して、化粧に手間を掛けずに比較的低コストで肌ケア効果を得られる化粧品がオールインワンゲルです。

オールインワンゲルの種類

肌のハリや弾力の回復用

加齢に伴ってコラーゲンなどの分泌量が低下することで、肌のハリや弾力が失われていきます。

しかし、肌のハリや弾力を回復するためのオールインワンゲルには「ビタミンC誘導体」や「ナイアシン」、「レチノール」などのコラーゲンを増やす効果を持った成分が豊富に含まれているので、失われたコラーゲンを補って肌にハリや弾力を取り戻す肌ケア効果が得られます。

美白用

年齢と共に肌のターンオーバーが遅くなると、色素沈着が起こりやすいためシミが増加します。

美白用のオールインワンゲルにはターンオーバーを促進する効果を持った「アミノ酸」や「ビタミンC誘導体」、「ビタミンE」などの成分が豊富に含まれているので、肌のターンオーバーを正常化してシミの発生を防いだり症状を改善する肌ケア効果を得られます。

乾燥肌用

乾燥した肌は外部からの刺激に弱く、紫外線や雑菌の影響を受けやすいため様々な肌トラブルを引き起こします。したがって肌ケアの基本は乾燥肌対策であり、肌の保湿や保水力アップを目的にした化粧品が数多く販売されています。

乾燥肌用のオールインワンゲルは保湿や保水に関わる化粧品の成分を1つにまとめた製品であり、「セラミド」や「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」や「アミノ酸」などの肌の保水や保湿に役立つ成分が豊富に配合されています。

敏感肌用

刺激に対して肌が弱いと、配合されている成分によっては使用できない化粧品があります。しかし、敏感肌用のオールインワンゲルはそうした方に配慮して和漢植物エキスが配合されています。

和漢植物エキスとは、和漢の薬草から抽出された天然由来成分なので通常の美容成分と比較しても肌に優しく、敏感肌に刺激を与えずに様々な美容効果をもたらします。

オールインワンゲルの特徴

主なメリット

化粧に手間が掛からない

家事や仕事などが忙しいと、化粧に多くの時間を費やせません。しかし、複数の化粧品を利用すると各工程に時間が掛かる上に、肌の負担を考慮するとインターバルを置く必要もあるので時間が掛かります。

オールインワンゲルなら化粧品や乳液、美容液などの効果を1回で得られるので化粧に掛かる時間を大幅に短縮できます。そのため、忙しいけれど化粧をサボりたくないという方に最適なのがオールインワンゲルです。

低コスト

個々では安くても、化粧水や乳液、美容液などの様々な化粧品をそれぞれ買い揃えると高額になります。しかしオールインワンゲルにはこれらの成分がすべて含まれているので総額を比較するとより低コストです。したがって化粧品に掛けるお金を節約できるため経済的です。

肌の負担が少ない

化粧の工程が多いと何度も肌を擦ることになるので、肌にダメージが蓄積してシミなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。しかしオールインワンゲルなら1工程で済むため、比較的肌に与える刺激が少ないという特徴があります。そのため、敏感肌の方の肌ケアに最適な化粧品です。

主なデメリット

肌の調子に合わせにくい

身体の調子や季節によって肌のコンディションが変化するので、肌に合わせて使用する化粧品の種類や量を変える必要があります。しかし、オールインワンゲルはあらゆる成分が配合されているのでそういった対処がしにくいという特徴があります。

効果が平均的

オールインワンゲルには様々な成分が含まれていますが、美白やアンチエイジングといった特定の効果に突出していないため、目的が限定されている方には向いていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA