このページの先頭です

オールインワンゲルを上手く使うポイント!スペシャルケアとは

63views

投稿日:

オールインワンゲルを上手く使うポイントとは?

近年では、さまざまなオールインワンゲルが販売されています。手軽でありながらきちんとした肌ケアをしたい人や肌の摩擦の負担を減らしたい人などは、すでに手放せないものとなっているのではないでしょうか。そして、オールインワンゲルの魅力を実感し、より上手く使うポイントについては以下の通りです。

肌に付ける際には優しく包み込むようにする

オールインワンゲルを肌に付ける際には、優しく包み込むようにすることがポイントです。オールインワンゲルは、少し弾力があり、こってりとしたテクスチャーのため、しっかり肌に馴染ませようとするあまり、強く擦ってしまう人もいるのではないでしょうか。

肌はとてもデリケートであるため、肌ケアのためには、極力摩擦を避けるようにしなければなりません。また、オールインワンゲルを顔に伸ばした後は、手のひらの力で肌に馴染ませようとせずに、手のひらの温度で包み込むように、ゆっくりと馴染ませるようにしましょう。

メーカーの規定量を守ること

オールインワンゲルで肌ケアをする上で大切なことは、メーカーの規定量を守って使用するということです。これは、他の基礎化粧品を使用する際にも言われることですが、さらなる肌ケア効果を期待したいと思うばかりに、ついつい使用量が多くなってしまうこともあるのです。

逆に、少しベタつくかなと感じた場合は、使用量を減らし使用している人もいるでしょう。しかし、オールインワンゲルは、適切な量を使用しなければ、十分な効果は期待できません。ゲルの量は、多すぎても少なすぎても、いい結果に繋がりにくくなるのです。そのため、基本的にメーカーの規定量を守るようにしましょう。

日焼け対策をする

朝、オールインワンゲルで肌ケアをした後は、日焼け対策として、日焼け止めを塗るようにしましょう。基本的に、オールインワンゲルは化粧水や美容液、乳液、クリームなどの役割があるため、化粧下地も兼ねることはできますが、日焼け止めまでは配合されていないものも多くあるからです。

また、一般的に、日焼け止めは化粧下地を重ねる前に塗るものとされていますが、オールインワンゲルを化粧下地として使用する場合には、ゲルの後に日焼け止めを塗るようにしましょう。

スパチュラを利用する

ジャータイプの容器入りのオールインワンゲルを使用する場合は、必ずスパチュラを使用するようにしましょう。スパチュラとは小さなヘラのようなメイクグッズの一つです。

手はあらゆるものに触れているため、ジャーに入っているゲルをそのまま指で取った場合とスパチュラを使用した場合とを比較すると、指で取った場合は雑菌が混入して繁殖し、ゲルの品質が低下しやすくなるのです。また、使用したスパチュラは毎回きちんとゲルを拭き取り、いつも清潔な状態で使用するようにしましょう。

ゲルと相性のいいファンデーションを使用する

化粧下地を兼ねてオールインワンゲルを使用した場合には、中にはファンデーションがよれたり、ポロポロと白いカスのようなものが出てしまうことがあります。その場合は、ゲルの使用量が多すぎることが考えられるので、まずは使用量を調整するようにしましょう。

それでも変わらない場合は、通常の化粧下地と比較して、オールインワンゲルの化粧下地がそのファンデーションと合わない可能性があります。そのような場合には、ファンデーションの種類を変えてみるなど、工夫することをおすすめします。

オールインワンゲルのスペシャルケア

さまざまな役割を一つで担っているオールインワンゲルは、通常の基礎化粧品としての使用方法以外に、パックとしてのスペシャルケアをすることができます。

パックの方法について

通常の使用量と比較して、やや多めにオールインワンゲルを手に取り、顔全体に手早く広げましょう。そして、5〜10分程度そのまま置いておきます。その後、肌の上に残ったゲルをティッシュなどで優しく拭き取りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA