このページの先頭です

オールインワンゲルのメリットや使い方を紹介

57views

投稿日:

オールインワンゲルのメリットやデメリット

肌のお手入れ時間や手間が節約できる

オールインワンゲルは、商品によってカバーできる範囲がやや異なっているものの、化粧水、乳液、美容液、クリームなど、肌ケアに必要なアイテムを、一括でまかなうことができるアイテムです。

化粧下地やパックを兼ねてくれるものもあり、肌ケアにかかる時間や手間を、一気に節約することができるのです。毎日肌の手入れはしたいけれど、自由になる時間が少なかったり、忙しくて少しでも手間をかけたくないと思っていたりする人にとって、非常に大きなメリットとなってくれるでしょう。

肌ケアの費用を節約できる

前述したように、オールインワンゲルがカバーしてくれる肌のお手入れアイテムの範囲は、非常に広くなっています。化粧水からパックまで、それぞれのアイテムをひとつずつそろえる金額と比較すると、肌ケアにかける費用をかなり安くすることができます。また、単品購入よりもアイテムを買い足しする手間や時間の節約になるでしょう。

肌にストレスを与えずに済む

化粧水や乳液など、ひとつひとつの肌ケアを分割して行うと、どうしても肌に触れている時間が増えますよね。肌は刺激を与えられれば与えられるほど負担もかかりやすく、ダメージに繋がりやすいです。

もちろん、それぞれのアイテムはケアを行っているのですが、肌が弱い人はちょっとした接触もダメージになってしまい、肌荒れを引き起こしてしまうこともあるでしょう。

オールインワンゲルを使用すれば、肌ケアコスメを分担させるのと比較しても、肌に触れている時間を格段に減らすことができるので、肌ストレスを一気に減らすことができるのです。

肌ケアの使い分けがしにくい

オールインワンゲルは、一括で肌ケアを行う都合上、セクションごとの調整がしにくいというデメリットがあります。

化粧水はさっぱり目のテクスチャものを、美容液は美白対策ができるものを、バックはヒアルロン酸が多いものを使ってアンチエイジングをしたいという分担も、オールインワンゲルと単品ケアとを比較すると、後者の方が圧倒的に自由度が高いでしょう。

肌がデリケートであったり、より細かく丁寧な肌ケアをしたいと思っている人には、オールインワンゲルはやや物足りないかもしれません。

オールインワンゲルは浸透力が弱いこともある

オールインワンゲルは、保湿力やカバー力などに強い一方で、浸透力にすぐれているアイテムが少ないと言われています。折角の美容成分を、肌の奥までじっくり浸透させる力があまり強くないため、肌を内側から徹底ケアしたい人には、あまり適していない可能性があるのです。

オールインワンゲルの効果的な使い方

気になるポイントは重ねづけをする

乾燥が気になるパーツや、肌荒れが目立つパーツ、保湿力を高めたいパーツなどは、オールインワンゲルを重ねづけしましょう。目元や口元など、皮膚が薄くダメージが出やすいポイントなどに重ねて使うのがおすすめです。アンチエイジングをしたい人は、年齢感が出やすいポイントを集中補修してください。

マッサージ効果も狙っていく

オールインワンゲルは、クリームのようなテクスチャのものが多いため、マッサージアイテムとしても使いやすいです。むくみやたるみの改善にも繋がりますし、じっくりマッサージをすることで、美容成分を肌の奥までしっかり浸透させるきっかけにもなるでしょう。

そのままマッサージをすると、肌ダメージも生まれやすいですが、オールインワンゲルを使えば、美容効果を高めることができます。香りがついているものを使えば、リラックス効果を引き出すこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA