このページの先頭です

知っておきたい!オールインワンゲルとの比較と基礎知識

96views

投稿日:

オールインワンゲルとの比較

オールインワンジェルとオールインワンゲルの違い

近年肌ケアアイテムとして注目されているのがオールインワンタイプの化粧品です。まずはオールインワンゲルとオールインワンジェルとを比較してその相違について説明していきます。

従来肌ケアは化粧水、美容クリームといった複数の基礎化粧品を使用していましたが、手間のかかる肌ケアをオールインワン化粧品なら1つでカバーし時間を短縮することが出来る肌ケア製品として人気があります。

ジェルはジェリー(ゼリー)状といった意味でゲルと比較すると水分を多く含み少し刺激するとすぐに潰れるくらい柔らかい状態のモノを指しています。それに対してゲルは弾力性、粘性がありジェルと比較してある程度の硬さがあります。

ゲルは肌ケアに使用すると粘着性がある分保湿成分、美容成分を包むことが出来るので保湿効果と美容効果が長く持つといった利点があります。ですがジェルと比較すると使用した時に少し重いと感じる人もいる様です。

逆にジェルは使い心地がサラリとしていて肌馴染みがいいといった利点がありますが、一概にどちらがいいとは言えず、ユーザーの好みや肌質により選ぶことになります。

オールインワンゲルとBBクリームの違い

オールインワンゲルもBBクリームもどちらも多機能化粧品と言えますがその役割は異なります。BBクリームは美容クリーム、化粧下地、ファンデーション、コンシーラーといった機能があり多機能ファンデーションと言えます。

それに対してオールインワンゲルは化粧水、美容液、乳液、クリームといった基礎化粧品の機能をまとめたもので時間短縮スキンケアと言えるでしょう。BBクリームは時間短縮メイクアップ製品となり同じ多機能化粧品ですが、その用途は明確に異なります。

オールインワンゲルの基礎知識

オールインワンゲルのメリット・デメリット

オールインワンゲルのメリットはスキンケアの時間を短縮することが出来る点で、これまで複数の基礎化粧品を使用していたのが1度の工程で済むので忙しい朝の強い味方と言えます。

また化粧水、乳液、美容クリームといった複数のアイテムを揃えるよりもオールインワンゲルを1つ購入する方が経済的です。さらに1度のスキンケアで終了するので何度も肌に刺激を与えないで済み、肌に優しいと言えるでしょう。

そんなオールインワンゲルのデメリットは肌の調子に合わせた使い方が出来ない点です。単体のアイテムを使用しているのなら乾燥が気になる、ニキビができているといったその時々の肌の状態によりつける化粧品の種類や量を調整することが可能ですが、オールインワンゲルは全部の機能を1つにしているのでこの成分だけ多めにとか少なめにといった調節は出来ません。

さらに化粧水、乳液を単体で使用するのと比較すると肌への浸透力が弱いと言えます。全ての成分を1つにしているので敏感肌の人にとっては肌トラブルが起こりやすく、それがオールインワンゲルのデメリットです。

オールインワンゲルの効果

オールインワンゲルは多機能化粧品で多くの効果が期待出来ます。勿論オールインワンの種類や、メーカーにより配合成分が異なるので多少機能は違ってきますが、日焼けを予防し化粧崩れを防ぐ効果、リフトアップ効果、メラニン色素の生成を抑制し肌を白くする美白効果があるオールインワンゲルも販売されています。

さらにオールインワンゲルの基本的な効果としては、化粧水の機能である肌を柔らかくして美容成分の浸透率をアップする効果、乳液の機能である保湿した肌の水分を閉じ込める効果などの肌の水分を維持する保湿効果を挙げることが出来ます。

そんなオールインワンゲルの保湿効果を高める方法としては、ゲルを塗ってから両手で押さえると肌が温まることで美容成分の浸透率がアップします。他にもヒジ、ヒザ、踵といったボディケアに使う人も少なくありません。ボディクリームと比べてベタつかずサラリとした塗り心地が魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA