私なら迷わず連れていく

大抵の犬や猫は、病院へ行くのを嫌がります。

車や徒歩で行くまでに病院近くまで来ると、何か解っているみたいで、

体が震え始めます。ガタガタと、、

病院の入り口付近で、力を込めて必死に抵抗しているワンちゃんはよく見る光景ですね。

 

※私なら迷わず連れていく

これは、年齢や体の状態によりますので、一概には、必ずということではありません。

晩年や、病状などが酷ければ連れて行かないかも知れません。

相当なストレスなのでしょうね

でも飼い主さんは、自分の健康よりもペットの健康が大事で、

「この子の為なら何でもする!」

という気持ちではないでしょうか?

深夜だろうが救急病院を探し、

財布にお金が入っていなくても、そんなことはあと回しで、行きますよね。

そんな時、彼らはどう思っているのか知りたいところではありますが、

「行きたくないよ」

「勝手に治るから連れて行くなよ」

そんなことを思っているのかどうかはわからないけど、

早く元気になってほしい!と願うのは飼い主さん皆同じ気持ちですね。

診察後治療して落ち着けばそれでよし!

病状の状態にもよるでしょうが、

この1回で、完治して、もう当分の間は病院へは連れて行きたくない。

だって、あんなに体が震え、診察台の上では、まるで別人のようなんだものって、

あの一連の流れは。かわいそうですよね。

早く家に帰るよ! もう少しの辛抱だからね!と、気が気ではありません。

健康診断は数万円かかる

そう思っていた方が良いでしょう。

特に春先は、フィラリア、狂犬病の予防接種と、盛りだくさんですから

健康診断を受けるなら、時期をずらして行うというのも良いかと。

血液検査、おしっこ、便の検査ぐらいは、病院へ通院しているなら、定期的にやった方が良いと思います。

おしっこ、便の検査は、動物に負担はかからないですからね。

本人を連れて行かなくてもおしっこやうんちだけ病院へ持っていけば調べてもらえます。係りつけならね。

血液検査も少し体調が思わしくないようなときに調べるぐらいで、年に数回程度で充分です。健康そうならね。

一番の喜びは?

ストレスや不安を減らして、一緒に遊ぼう!これが一番かな。

でもこう思っているかも

「はやく、ごはん!」って